採用情報

HOME > 採用情報

片柳学園職員採用のご案内

マイナビでエントリー受付中

ご挨拶

~人事担当部長からのメッセージ 学生のみなさんへ~

社会人になる準備を始めた学生の皆さんには、企業情報を集めたり、先輩訪問のスケジュールをたてたり、
エントリーシートの下書きをしたり、と、あわただしい季節を迎えておられることでしょう。味わったことのない緊張とともに、社会人としての夢や希望を抱いて、充実した就職活動にいそしんでおられることと思います。そんな皆さんに片柳学園から、歓迎のご挨拶を申し上げます。

「学校の事務職員」――― 高等教育機関の事務職員を、皆さんは職業としてどう思われますか。大学教授や専門学校の教員など、「教育職員」にくらべ、どうも縁の下の力持ち、裏方といったイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。また一般企業にくらべて、時間とゆとりはあるがビジネスとしての活気ややりがいは今一つ、どうもおとなしい人ばかりの集団、などとお考えの方もおられるかもしれません。大変残念なことですが、世間にはこのような一方的な誤解があることを、われわれも気づいていないわけではありません。ただそれは、なんとなく染み付いた、ただのイメージであって事実は大いに違う、ということを声を大にして言いたいのです。少なくとも実際に我が校を訪問し、話を聞き、キャンパスを見、人に会って、それから判断して欲しい、と思います。民間企業でハードなビジネスに取り組みたい人、官庁や団体で社会的貢献を直接実感したい人、我こそはビジネスセンスありと自信のある人、こそ我が校への就職にチャレンジして欲しいのです。

学校事務職員は、教育・研究の担い手である「教育職員」と手を携えて、学校運営の事務を担って学校経営を支える重要なプレーヤーです。「事務職員」と「教育職員」はまさに車の両輪です。学校事務職員は、そんなに活気とやりがいに乏しい職業なのでしょうか。日本は世界でも教育水準の高さを誇る先進国です。学校経営を支える事務部門がもし仮にそんな職場であったなら、日本の今日の教育水準がなぜこの高さを保てるのでしょうか。本当にやる気とビジネス感覚、チャレンジ精神を持った人材にこそ、取り組んで欲しい仕事なのです。

我々は人材を育てるという、社会的意義の高い仕事に誇りを持っています。天然資源に乏しい、極東の島国日本が世界で先進国の位置を確保し得ているのは、「高度な技術」「力のある貿易」そして「豊かな人材」があるからです。人を育てる仕事、それは直接的に社会に貢献する、理想に満ちた仕事です。

教育は今、さまざまな問題を抱え、曲がり角に差し掛かっています。われわれとともに、今最も大事な「人作り」にチャレンジしませんか。

教員・講師のご案内

FAQ

Q配置転換(ローテーション)はありますか?また、転勤を伴なう異動はありますか?
A職員の能力開発等の観点から、ローテーションは行っております。
現在、配置転換は、法人本部・各法人設置校(大学・各専門学校)の組織単位、または法人本部・各法人設置校間で行われています。できればローテーションの機会は増やしたいと考えています。
Q北海道キャンパス(日本工学院北海道専門学校に配属)勤務はありますか?
A新卒採用者の北海道キャンパス勤務はありません。
Q学内の教職員仲間で仕事以外のコミュニケーションの機会はありますか?
A親睦会という、役員及び教職員によって構成され会員相互の親睦を図ることを目的とする団体があり、年に3~4回の催しがあります。また、学内の体育施設(全天候型テニスコート、50mプール、ボウリング場、トレーニングルームなど)を使用して、趣味を共通にする人が楽しんでいるケースは沢山あります。
Q学校の事務職員を職業としていて、楽しいと思うことは何ですか?
A大切な「人を育てる」仕事に誇りを感じます。 事務は学校運営そのものに深く関わる仕事であり、毎日が充実しています。
Q片柳学園では、どのような人材を求めているのですか?
A民間企業でハードなビジネスに取り組みたい人、官庁や団体で社会的貢献を実感したい人、我こそはビジネスセンスありと自信ある人など、従来の学校法人のイメージにとらわれない幅広い人材を求めています。
Q職員研修について教えてください。
A職員研修には、法人が主催する階層別研修、職場研修、海外研修などと、各人がそれぞれの業務上必要な能力を向上させるための、学外研修・講習会といった研修制度を取り揃えています。